病院で処方されるチャンピックスの副作用の一つ頭痛

チャンピックスは禁煙外来の診療科を持つ病院で処方して貰うことが出来る医薬品であり、禁煙治療に利用されます。
禁煙外来は、医師の協力を得て禁煙を行うために通院する診療科で、病院の中に新設された診療科でもあるのです。
そのため、全ての病院に在るわけではありませんので、禁煙外来を利用する場合は診療科が設けられている病院を探す事が大切です。

通院する回数は、初診の時から2週間後、4週間後、8週間後、そして12週間後の5回となります。
初診の時に、チャンピックスの処方が行われ、最初の3日間は0.5mg錠を1日1回服用をし、4日目から7日目までは0.5mg錠を1日2回服用する形になります。
徐々に薬の量を増やすと言うのが、チャンピックスの特徴となり、8日目以降は1mg錠を1日2回となります。
尚、最初の7日間はどうしても煙草を吸いたくなった時は喫煙が可能と言う特徴もあります。

チャンピックスは頭痛や睡魔、吐き気、お腹のはり、不眠、便秘などの副作用が起きるケースが有ると言います。
頭痛などの症状は生活に支障をきたしてしまいますが、これはチャンピックスの副作用によるものであり、時間の経過とともに収まると言いますし、頭痛が起きるケースはそれほど多くは無いとも言います。

他の副作用についても一時的なもの、服用をする事で生じるなどであり、気になる症状が在る場合は病院の主治医に相談をする事が大切です。

尚、チャンピックスは通販サイトなどでも購入が可能なのですが、病院で処方して貰えば、副作用が起きた時など相談を行う事が出来ますし、病院での治療の場合は保険治療が可能になるため、通販でチャンピックスを購入するよりも安い費用で禁煙が出来るなどのメリットが有ります。

ページトップへ