チャンピックスを使った福井県の禁煙外来について

喫煙がやめられなくなるのは、タバコに含まれているニコチンの依存症が原因です。
喫煙をするとタバコのニコチンが体内に入り、ニコチンは脳にあるニコチン受容体に結合します。この時に、脳からはドーパミンという快感物質が分泌されます。結果、喫煙するとドーパミンが出るためにタバコはおいしい、気分がよくなるということを脳が学習してしまいます。
ここで、喫煙を中断すると脳の受容体に結合するニコチンが足りなくなるためにドーパミンが分泌されず、不快感やストレスが高じて喫煙したいと感じるようになります。これがいわゆるニコチン切れの禁断症状です。
福井県には、薬を使ってタバコをやめるための治療を行う禁煙外来があります。
禁煙外来で使う薬のひとつに、チャンピックスという薬があります。チャンピックスはニコチンの代わりに脳のニコチン受容体に結合し、この時にはニコチン同様快感物質のドーパミンが少量分泌されます。こうして体内でのニコチン切れの症状を抑えて、喫煙したいという欲求が起きないようにするのがチャンピックスの効能です。またチャンピックスを服用していると、タバコを吸った時にニコチンが受容体に結合するのを邪魔するため喫煙が満足感につながらず、タバコをおいしいと感じなくなります。
福井県の禁煙外来でも、チャンピックスを処方しているクリニックがあります。禁煙外来での治療は12週間が基本で、医師の処方にしたがってアドバイス通りに薬を使うことで禁煙の成功率が高くなります。
禁煙治療のために通院した回数と禁煙が続いている人の割合を調査した報告がありますが、福井県でも受診を途中でやめなかった人に高い割合で禁煙が続いているという結果が出ています。

ページトップへ