タバコ依存でニコチンガムがダメならチャンピックスで

タバコを止めたいけどなかなか止めることがどうしてもできない。このような人はニコチン依存症になっており、禁煙が難しいです。つまりニコチンによる精神依存に陥っていますので、タバコを止めると手の震えが止まらない禁断症状があらわれます。ニコチン依存になっていない軽い症状であれば、ニコチンガムやニコチンパッチが効果的であるかもしれませんが、ニコチン依存症なると、ガムやパッチはまったく効果がありません。そのような人にはチャンピックスと呼ばれる禁煙補助剤の飲み薬(錠剤)があります。
最初の1週間は弱めのチャンピックスを服用し、二週間目からやや強めのチャンピックスを約三か月間続けます。するとしだいにタバコの味がまずく感じられるようになり、タバコの本数が減っていき、三か月を過ぎたころには禁煙ができています。ほとんどの方に効果的で、禁煙できたことで食事がおいしくなった、空気がうまい、元気が出て来た、といった声が数多くあります。
チャンピックスは世界初の飲み薬で、今までニコチンガムやパッチに効果がなかった人には朗報です。おかげでタバコによる精神依存症の方も減ってきています。笑い話になりますが、今までニコチンガムを大量に買って損をしたという皮肉な声もあります。
タバコによる精神依存も少なくなったことで、医療費も抑えることができているという報告もあります。
タバコを止めることで金銭感覚に目覚めた方もいます。チャンピックスの効果は世界で賞賛されています。多くの国々で現在使われていますので、これからもタバコを止める人は増えていくでしょう。つまり健康を意識している人が増えていると言ってもいいでしょう。健康であり続けることはこの上もないです。健康を常に意識した方が、生活に生きがいを感じるものです。

ページトップへ